Deep Hole Drilling   
 金属深穴明加工のパイオニア         
 

HOME | 会社概要

 会 社 概 要     

⇒各工場へのアクセスはこちらへ。

商 号  日本高速削孔株式会社
設 立  昭和39(1964)年9月1日
資本金  8,200万円
株 主  KSホールディングス株式会社
営業内容  シリンダー用チューブ・ロール・シャフト・その他鉄身等
 各種精密深孔明け受託加工、その他外径加工
本社所在地  〒210-0854 神奈川県川崎市川崎区浅野町5番8号
 TEL:044-344-4231   FAX:044-344-4246
役 員  代表取締役社長     井上 潔
 取締役経営管理室長   大森 基
 監 査 役       猪野 壽男
 非常勤監査役      屋代 恒夫
 相 談 役       戸田 松幸
従業員数  64名(2014年4月現在)
取引銀行  川崎信用金庫大島支店
 横浜銀行川崎支店
 みずほ銀行川崎支店
 三井住友銀行川崎支店
 西日本シティー銀行若松支店
 りそな銀行川崎支店
 三菱東京UFJ銀行川崎支店
 広島銀行十日市支店
主要取引先  日立金属株式会社
 株式会社クボタ
 三菱重工業株式会社
 JFEスチール株式会社
 新日鐵住金株式会社
 株式会社日本製鋼所
 日本鋳鍛鋼株式会社
 株式会社東芝
 株式会社IHI
 日本高周波鋼業株式会社
 日本冶金工業株式会社
 株式会社荏原製作所
 株式会社畠山鐵工所
 日鉄住金ハード株式会社
 第一高周波工業株式会社、他多数

会社の沿革は、こちらです。

 会 社 沿 革  

1964年9月1日 川崎工場操業開始

川崎市川崎区渡田12-24で川崎工場操業開始

 
 
 
 


1970年12月 広島工場を建設

広島工場を広島県三次市に建設

 
 
 
 


1981年11月  九州工場を操業開始 

九州工場を北九州市若松区で操業開始

 
 
 

 
1986年2月   川崎工場を移転

 川崎工場を川崎区浅野町5-8に移転
 
 
 
 
 

2008年3月31日 広島工場増築

広島工場に第2工場を増築
 
 
 
 

2011年1月   九州工場を移転

九州工場を北九州市若松区北浜2-4-9に移転
 
 
 
 

面川名誉会長のご挨拶!

私どもの会社は「金属の深孔明け加工」の分野ではわが国で最初に、第2次世界大戦末期にドイツで開発された技術を導入し、加工生産に着手いたしました。以来、専門メーカーとして、独特の技術と先進性が高く評価され着実に発展してまいりました。
特に、操業開始時に、八幡製鐵所(現:新日鐵住金)様を始めとする、各鉄鋼会社がロール爆発事故の問題を抱えていましたが、当社の技術を導入することにより解消し、多くの感謝状を頂いております。
 その後、多くの方々のお蔭をもちまして、創業以来50数年間この道一筋に精進し、今日に至りました。今日では、その加工分野において多くの実績を重ね、名実ともにわが国のパイオニアとしての地位を確立いたしました。とくに、当社が誇る「ハイスピードボーリング方式」は能率性、精度の点で他の追従を許さず、生産技術の高度化に伴う数々の厳しい要求にお応えしております。しかし私どもは現状に満足しておりません。当社技術陣はさらに高精密、高品質へと挑戦し、産業界の多様な要請に応えるべく多くの人材と設備の質的な強化をはかって参ります。本社所在地の川崎工場のほか、広島工場では、 2008年4月に建屋一棟の新設。九州工場は北九州市若松区に620坪の土地を取得し、2011年1月に新工場が竣工し、業容を拡大して参りました。これからも技術の向上を図り、それらを集約した高品質の製品を供給することによって皆様のご期待に応えるとともに、ひいては社会に 奉仕することが私どもの念願でもございます。何とぞ、皆様のご指導とご支援をお願い申し上げます。 

  日本高速削孔株式会社        
  名誉会長  面川 磐                                                           

会社情報をダウンロードいただけます。

 
 
 

 
6ページ(PDF:1.5MB)

会社案内全ページ版


PDFファイルをご覧になるには Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、こちらから
無償でダウンロードできます。